2007年09月04日

コーヒーを煎るには いるいる

自分でコーヒーを煎ってみたいexclamationという人は、ぜひ試してみてください。




家庭のガスコンロで、コーヒーの生豆が自分の好みに煎り上げられる焙煎器です。最大容量は50g。

生豆を”いるいる”に入れガス台にかけます。左右に振りながら、強火で加熱し2分位すると色がつき、3分位でパチパチと皮がはじけはじめます。ここでガス台から離して、予熱で好みの煎り具合にしてください。いい色になる直前に、いるいるから取り出してください。まだ、豆自体は熱を持っているので、焙煎が進みます。少し早めに取り出すのがポイントです。

自分で焙煎したコーヒーは格別です。香りが全く違います。ぜひ一度お試しください喫茶店

blog.gif


posted by Soh at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月03日

コーヒー豆 ドミニカ

なんだか世界陸上の影響で、すっかりスポーツブログになってしまいました。まぁ、それでもいいんですけど。

今回は、初めてコーヒーに関しての記事を。

私はコーヒーが大好きです。毎日1リットル以上飲んでます。もはや、コーヒーなしで仕事するなんて考えられません。

おいしい豆と言えば、ブルーマウンテンって答える人が多いと思いますが、同じくカリブ海沿岸のドミニカもかなりお勧めです。同じ系列の豆を使っているにもかかわらず、ブランド力のなさからかなりお買い得。一度試してみてください。



先日訪れた、コーヒー豆屋さんで、ドミニカの生豆を特別に分けてもらいました。近々焙煎して味わいたいと思います。(コーヒー ジャンキーの私は、生豆を自分で焙煎します。)また、感想をレポートします。

blog.gif
posted by Soh at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本代表が3大陸大会に向けオーストリアに出発 

サッカーの日本代表は3日、3大陸大会に出場するためオーストリアへ出発しました。 中村俊介(セルティック)松井(ルマン)稲本(フランクフルト)の3選手は欧州で合流する予定です。日本代表は4日から調整。7日にオーストリア代表、11日にスイス代表と対戦して13日に帰国する見込み。

daihyo.jpg

安部勇樹が腰痛のため離脱しました。今野が守備的要因に使われるので、代わりに大久保を呼んでくださいよ、オシム監督。


blog.gif
posted by Soh at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月02日

土佐が銅メダル 世界陸上の女子マラソン

土佐礼子が2時間30分55秒の日本選手最上位で銅メダルを獲得、来年の北京五輪代表の座を手にしました。土佐は今大会の日本選手で唯一のメダリストです。

tosa.jpg

やってくれましたexclamation×2 土佐は39キロ手前で先頭集団の5人から遅れをとりました。給水点でスピードアップし、追いすがるも、またじわじわと差を広げられました。この時点で、諦めずに追っていくことは普通の選手にはできません。あとはずるずる・・・、と思いかけた瞬間、ケニアの選手が送れ、それを拾うことができました。この時点で前にいる選手は4人。

必死に追いかけるも、差が縮まりません。40キロ手前で、トップの選手がスパートをかけました。中国の選手がこれについていけず、見る見る離されて行きます。彼女のきつかったのでしょう。若干ペースが落ちました。まだ諦めずに追いかけていた土佐が捕らえます。

そのままゴールイン。悔しい思いばかりしてきた今大会でしたが、最後に土佐が感動を与えてくれましたぴかぴか(新しい)ほんと、彼女の精神力には脱帽です。北京オリンピックも頼むぞパンチ


blog.gif
posted by Soh at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | その他スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月01日

男子四百リレー・日本5位 アジア記録を再更新

四百メートルリレーの男子決勝で、日本(塚原直貴、末続慎吾、高平慎士、朝原宣治)は念願のメダル獲得はならなかったものの、01年エドモントン大会以来の5位に入り、4大会連続で入賞。38秒03をマークし、前日の予選で記録した38秒21のアジア記録を一夜で更新しましたわーい(嬉しい顔)

4k-2.jpg

なんだか、初めての明るい話題のような気がします。メダルは無理だと予想していましたが、結構きわどいところまで追い上げていました。それにしても、朝原のスピードは素晴らしいです。代3走者の力の差が、上位3チームとの差かな。

決して、高平選手が不甲斐なかったのではなく、他のチームがすごすぎた。アメリカなんて、タイソン ゲイを持ってきたんですから爆弾

まぁ、何はともあれ、めでたしめでたし手(チョキ)

blog.gif
posted by Soh at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | その他スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

50キロ競歩で異例の失態。誘導ミスで山崎「棄権」

今大会の日本選手は残念な結果が多い中で、山崎だけは奮闘していた。メダルは不可能だったが、入賞に向けて必死に耐えていた。前半からトップ集団に付き、間違いなく今後に繋がる、すばらしいパフォーマンスであった。

それが、最悪の結果に終わった。誘導ミスで周回を1周(2キロ)残したまま競技場内に入った。残された、わずかな力を振り絞ってゴール地点に向かう。事態に気づいた係員が後を追うが、途中で追いかけるのをやめてしまったようた。(何故?)そして、フィニッシュ。トラックに座り込む。そのまま倒れこむ。点滴を受けるため、用意された担架で医務室に運ばれていった。棄権扱いとなった。

yamazaki.jpg

悔しくて涙が流れた。あれだけ頑張ったのに、完歩すらできなかった。彼の努力は、この大会で報われることは無かった。

会組織委員会の桜井孝次・競技運営本部長らは「十分でなかった。反省したい」などと繰り返した。一方で、会見に出席した高橋勲・道路競技審判長は、審判員の経験を問われて、「がんばってやっている。たまたまミスが出た」と発言。慌てて桜井本部長が「表現が適切でなかった」と訂正する場面もあった。プロ野球で言えば、イニングを間違えるぐらいの失態。

当事者の山崎が、「歩型違反じゃないのにレースを続けられなかった。悔しいですね」と、淡々と「事件」を振り返っていたのが、せめてもの救いだった。彼は、この事件で被害者となった。だが、これを乗り越え、より大きくなるパンチ

blog.gif


posted by Soh at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | その他スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月31日

日本、アジア新で決勝へ!4×100メートルリレー

やっと、明るい話題を書けます!

男子4×100メートルリレーで、日本記録を10年ぶりに更新する38秒21。4大会連続の決勝に進みました。これはアジア記録でもあります手(チョキ)

4k.jpg

それにしても、最後の朝原の加速はすごかった。決勝でも快走を頼むパンチとは言っても、実力だけではメダルに届かないであろう。上位のどこから、バトンミスか何かをしてくれなければ。なんでもいいから、メダルが欲しい。


blog.gif
posted by Soh at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | その他スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月30日

MF古賀誠史選手アビスパ福岡より期限付き移籍決定

ヴィッセル神戸の新戦力として、アビスパ福岡MF古賀誠史選手(28)の期限付き移籍加入が決定exclamation×2松田監督が福岡時代に攻撃の中心として重宝していた古賀には、シーズンオフから声を掛け続けていた模様。幸運なことに、リティーの構想から外れてしまったようで、神戸にくるチャンスを得ました。

koga.jpg

茂木やウッチー(内山)には悪いのですが、サイドバックが手薄だなぁとは思ってました。生え抜きの、ツボ(坪内)やビツ(石櫃)にはもちろん頑張って欲しいんだけど、トーメとコウモ(河本)をセンターバックにして、クニ(北本)をサイドバックにするのが、ベストだと思っていました。

古賀が来ることにより、左サイドは決まりかな。入れ替え戦で、ものすごく苦しめられたクロスを、どんどん使って欲しいです。

恐れ多くも、私は松田監督と、どうやったらファンが増えるかという議論をしたことがあります。強くなればファンは増えるでしょうが、見ていて楽しいサッカーをすることも大切だと主張しました。ファンにとって、見ていて楽しいサッカーとは、攻撃的なサッカーであり、サイドバックやボランチがどれだけ攻撃に絡めるかがキーになるとも。そういう意味でも、期待できるのではないでしょうか?

ここ3試合、うまく攻撃が機能していません。彼の加入が、ヴィッセルのカンフル剤になることを期待します。

blog.gif
posted by Soh at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大久保嘉人vs.田中達也

興奮冷めやらぬ(私だけ?ユニバーにあれだけ人が入ったのを見たことがありませんでしたので)、1戦から一夜明けた今日、スポーツニュースやスポーツ新聞では、大久保嘉人と田中達也の代表アピール対決!といった、報道が多く見られた。

tanaka.jpg

確かに昨日の結果をだけを見ると、田中達也が2ゴールサッカー。一方の大久保はノーゴール。田中達也に軍配があがります。

・・・が、ちょっと待ってください。田中達也はレッズでプレーしているのです。ヴィッセル神戸よりも、明らかに周囲のプレーヤーに恵まれています。決定的なパスを受ける確立も、圧倒的に多いのです。

この状況下で、日本人トップ対の11ゴールをあげている大久保は、田中達也よりも評価されてもいいのでは!?レッズサポの皆さん、納得いきませんexclamation&question

オシム監督が、この辺りまで考慮に入れて、人選することを切に願います。

なお、個人的に田中達也の前を向くプレースタールは大好きです。高原を真ん中に置き、大久保と田中達也が両脇を固めるというのが、私のベスト布陣です。

blog.gif
posted by Soh at 16:36| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月29日

ヴィッセル神戸−浦和レッズ

要のボッティーが出場停止。代役に、マーカスが移籍後初先発。浦和レッズから移籍してきた、酒井とともに構成されるボランチが、王者浦和にどこまで通用するか!?と、会社を早退して、友人と参戦。

kreds.jpg

結果は、やはりというか、なんというか、やっぱり浦和は試合巧者だった。前半は、どちらかというとヴィッセルのペースであったような気もするが、1点も取れなかったのが原因だろう。

田中達也の2ゴールで、2−0。いつも思うが、そこで急に攻めだしても、遅いんだよ!カンジョと栗原のコンビネーションで1点を返し、更に攻め続けるが・・・。

やっぱり、カウンターで長い距離を全力で走った後に、落ち着いて正確なクロスをあげることはかなり難しいのか!?いくつもの好機を演出するも、攻めきれず。またまた3連敗となってしまった。なんだか、残業で疲労困ぱい・・・という気分。


blog.gif
posted by Soh at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。