2007年10月22日

ポリスの日本公演が決定

バンド結成30周年を迎えた今年、2月のグラミー賞授賞式にて、スティング、スチュアート・コープランド、アンディ・サマーズの3人が集結しました。この全世界衝撃のポリス再結成は、今年の5月にワールドツアーを開始しました。

police.jpg

全米、欧州、南米などをまわるワールドツアーでしたが、いよいよ、27年ぶりとなる日本公演が、08年2月に東京・大阪で1公演ずつ開催されることになりました。日程は、08年2月10日(日)京セラドーム大阪、2月13日(水)東京ドーム。当然私は、両公演の予約をしました。ここ、兵庫県から東京となると移動も楽ではありませんが、チケットを手に入れることができたならば、全ての予定をキャンセルしてでも行きます!

当日は、再結成ツアーに同行しているスティングの息子、ジョー・サムナー率いるフィクション・プレインのステージも用意されているようです。こちらもまた楽しみ。オークションでもチケットは高騰するでしょうし、なんとか予約分が当選して欲しいです。


posted by Soh at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月21日

古賀が2発 ヴィッセル神戸、横浜FCに引導

ヴィッセル神戸は古賀誠司の2ゴールを含む3得点。昨季、J1昇格を争ったライバル、横浜FCに力の差をみせつけました。

yokohama.jpg

古賀は攻守に走りまくり、それが報いた形となりました。ヒーローインタビューは照れくさそうでしたが、控えめな彼らしい応対でした。MOMに選ばれて得た柏餅100個に対して「柏餅ってなんですか?」、柏餅の説明を受けたあとに、「それだけ食べると太りますね」は笑いました。

ヒデ(田中英雄)は、ミスが少なくなった分、運動量による貢献が目立つようになってきた気がします。茂木弘人はいいドリブルによる駆け上がりもあったのですが、最後のアイデアがちょっとふそくしていたでしょうか。河本裕之の空中戦は圧巻でした。レアンドロは、アシストランキングも上位に食い込んできたように、アシスト2をあげましたが、最近ゴールに嫌われているような・・・。キープ力は抜群なのですが。

朴康造も「さみしいし、複雑なものがある。」と言っていた様に、横浜FCは昨年昇格を争ったライバルという関係だけでなく、神戸に在籍していた、カズやヤブがいます。更にもう一人、在籍期間は長くありませんでしたが、一番思い入れの深かった選手、アツ・・・。彼らがどんな心境で試合終了を迎えたのか? また、その時のサポの気持ちは?などと考えていると、私もすごく寂しくなってきました。



posted by Soh at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月19日

サッカー五輪代表、首位陥落

とても痛い敗戦となってしまいました。A代表の快勝で気持ちよく試合開始を迎えたのですが、あの時間まで起きている価値がないような試合でした。眠い目をこすりながらの、今日の仕事は辛かった・・・。

gorindaihyou.jpg

伊野波は、本当に出来が良くなかったと思います。PKを与えたのは、不運はなく、必然的なものだったように感じました。それよりも、得点出来ないのが、最も大きな問題。攻めるきが欠落していたように感じました。FW陣は未だ無得点。

柏木の運動量には恐れ入りましたが、収穫はそれぐらいだったのではないでしょうか?

残り2試合は勝つだけでなく、多く得点することが求められます。不利な立場にはなりましたが、とにかく最後までゴールを目指す姿勢を見せて欲しいですね。ベトナム戦は、平山相太を先発させて、はじめからパワープレーに持ち込むぐらいのつもりで攻める必要があります。5点ぐらいは取るつもりでなければ、5輪の道は遠のくでしょう。
posted by Soh at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月18日

大久保嘉人 代表初ゴールで快勝

2007年のラストゲームとなったアジア・アフリカチャレンジ杯、国内組だけで臨んだ一戦は大久保嘉人の2ゴールなどで、4−1でエジプトに快勝しました。大久保嘉人は、代表戦21試合目で初ゴール。ヴィッセル神戸の選手としても代表で初ゴールでした。

yoshito2.jpg

これで、大久保嘉人も代表に定着できるといいのですが。昨日のような働きをコンスタントにできれば、代表定着だけでなく、レギュラーも見えてきます。なんとか頑張って欲しいものです。

それにしても、ドフリーの前田にパスを出して、前田がふかしたシーンがありました。あれは、強引に突っかけて、ハットトリックを決めて欲しかったです。まぁ、オシムには嫌われたかもしれませんが・・・。



posted by Soh at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月16日

FXの申告漏れ224億円=平均2100万円の「高額」

FXを知っていますか?外貨証拠金取引のことで、ドルや円を取引してその変動益やスワップ(利子)から利益を得るものです。私もすこしばかり取引を行っており、多少の利益を得ています。

今年6月までの1年間(2006事務年度)に行われた個人に対する税務調査のうち、外国為替証拠金取引(FX)で得た所得の申告漏れ総額が224億円に上ったことが国税庁から発表されました。

FXの市場は年々拡大していますが、仲介業者の大半は、客の損益記録を税務署に提出する義務のない「店頭取引」業者であるため、利用者の存在を把握するのが非常に困難です。事実、確定申告をせずに税金を納めていない人が大半ではないでしょうか。

えっ、私ですか?はい、確定申告が必要なぐらいの稼ぎ(サラリーマンであれば、20万円/年以上)はありますよ。でも、しっかり確定申告しています。税理士さんを通していますから。

ネットなどで情報を得て取引を始めたのですが、確定申告に関しての情報がネット上に十分ありません。今のままでは、申告しない人は減らないと思います。
posted by Soh at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の出来事から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月15日

亀田大毅は1年のライセンス停止

世界ボクシング評議会(WBC)フライ級タイトルマッチで挑戦者の亀田大毅がチャンピオン、内藤大助選手に反則を繰り返した問題で、日本ボクシングコミッション(JBC)は、所属する協栄ジムの金平桂一郎会長に3カ月のクラブオーナーライセンスの停止、亀田史郎氏にセコンドライセンス無期停止、亀田大毅選手にはボクサーライセンスの1年間停止との処分を決めました。またセコンドについた兄・興毅選手にも厳重戒告処分が下されました。

11日の試合では大毅選手は内藤選手に頭突きなどの反則を繰り返したうえ、最終12回には抱え上げて投げ飛ばすなどして計3点を減点されました。あれは既にボクシングではありませんでした。また内藤大助によると、亀田大毅はグローブの親指部分で目を突く「サミング」や太ももを打つ反則「ローブロー」などを繰り返していということです。

また肉親がセコンドに就くことを禁じるWBCの規定に反し、亀田陣営は大毅選手の父、亀田史郎氏と長兄の興毅がセコンド入りしたうえ、試合開始前のレフェリーチェックの際に史郎氏が内藤大助を威嚇する言動を行うなどしていた。

亀田家のこれらの取り組みは、パフォーマンス的なところもあるのだろうと見ていましたが、その粋を超えていました。かれは、ボクシングの世界戦を侮辱し、滑稽なものに替えてしまったのです。彼らがボクシング界に与えたマイナスイメージは大きく、一番影響を受けることになるのは、亀田家本人達になるのではないでしょうか。

聞くところによると、今回のファイトマネーは、チャンピオンの内藤大助が1000万円に対し、亀田大毅が8000万円。強さからでは考えられない差が生じていました。今後、これだけ膨大なファイトマネーを手にすることは困難でしょう。こんなバカなことをやっていなければ、正々堂々と戦って負けていたならば、違ったでしょうが。

ラベル:亀田大毅
posted by Soh at 21:33| Comment(2) | TrackBack(0) | その他スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月14日

大久保嘉人 日本代表に選出

日本サッカー協会より発表された「AFCアジア/アフリカチャレンジカップ2007」(10/17vs.エジプト代表@長居)の日本代表メンバーとして、ヴィッセル神戸キャプテンの大久保嘉人選手(25)が選出されました。

yoshito1.jpg

まぁ、海外組みを呼ばない方針でしたし、選出はされるものと思っていましたが、やっぱり嬉しいですね。ただし、大久保にとってはここでアピールしなければ、今後の選出は難しいものになると思われます。ぜひとも、内容・結果の両方を残してもらいたいものです。

今回は、海外組みの高原と松井大輔(ル・マン)が呼ばれていませんし、過密日程のレッズを気遣って、田中達也も呼ばれていません。かれらが帰ってきても大丈夫なように、しっかり大久保嘉人の場所を築いて欲しいです。

オシム監督が、初めて佐藤寿人(広島)を外しました。これにどういう意図があるのかわかりませんが・・・。前回のスイス戦で見切られたのか、降格争いしている広島を気遣ったのか?でも駒野は呼ばれていますしねぇ。
posted by Soh at 06:51| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月12日

亀田大毅が前代未聞の反則劇

亀田大毅が前代未聞の反則劇の末に初黒星を喫しました。WBC世界フライ級王者・内藤大助への世界初挑戦で、敗色濃厚の終盤に相手を抱えて投げるなどのレスリング行為を連発。最終回は減点3を受けるなど、大差で判定負けしました。

kameda.jpg

日本人選手との初対戦で経験不足を露呈するとともに、数々の日本人名王者を生んできたフライ級の世界戦史上に汚点を残しました。「俺が目指しているのは世界や!」と、海外の選手しか戦わなかったことにたいしても、弱い選手としか戦っていないという声が大きくなりそうです。

あれはボクシングではありません。点数で大差をつけられてKO以外、逆転がなかった最終12回。大毅は序盤から高く上げた両ガードを解き、打ち合いに出ましたが、パンチは全く当たりません。いら立ち、内藤にタックルを見舞って押し倒すと、右のパンチを王者の頭部に見舞った。

これにより、減点1が科せられるとキレてしまったのでしょうか、今度は内藤の左脇に頭を入れ、レスリングのように持ち上げて投げました。レフェリーは「故意」と判断して減点2を追加。某記事によると試合中に内藤を12回も押し倒したということです。1回に減点3なんてこれまでにあったのでしょうか?世界戦は彼により完全に汚されてしまいました。


「負けたら切腹」なんて大口をたたいていましたが、まったく試合をさせてもらえず、完全な力負け・実力不足。亀田家2本目の世界ベルトの夢は、もろくも砕け散りました。協栄ジムの金平会長は「内藤と12回戦える18歳は日本中を探してもいない」とかばっていましたが、彼が世界に通用するようになるためには、まずひたむきな精神を手に入れることから始めるべきではないでしょうか?今後の去就は不明ですが・・・。
posted by Soh at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | その他スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月11日

天皇杯組み合わせ-アビスパ福岡との因縁の対決へ

第87回天皇杯全日本サッカー選手権大会 4回戦以降の組合せが決定しました。

tennouhai.jpg

我がヴィッセル神戸は、アビスパ福岡との対戦です。昨年J1の入れ替え戦を戦った相手。松田監督が指揮を取っており、成績不振で解任されたチーム。左サイドに定着した古賀がいたチームです。福岡は昇格がほぼ消滅したので、全力で来ることが予想されます。ヴィッセルもナビスコ杯のように、手抜きすることなくある程度の戦力で勝負することと期待します。

是非とも次節の横浜FCに勝利して残留を絶対的にし、天皇杯での活躍を!レッズにあたるまでは勝ち残って欲しいです。

ガンバ大阪 - モンテディオ山形      @万博     【49】
ジェフユナイテッド千葉 - 大分トリニータ @フクアリ   【50】
清水エスパルス - 明治大学        @日本平     【51】
横浜F・マリノス - 佐川急便SC        @三ツ沢     【52】
アルビレックス新潟 - サガン鳥栖      @東北電ス   【53】
FC東京 - TDK SC              @味スタ     【54】
ジュビロ磐田 - 順天堂大学        @ヤマハ    【55】
サンフレッチェ広島 - 湘南ベルマーレ   @鳥取      【56】
浦和レッズ - 愛媛FC            @駒場      【57】
大宮アルディージャ - 横浜FC       @富山      【58】
川崎フロンターレ - セレッソ大阪     @等々力     【59】
ヴィッセル神戸 - アビスパ福岡      @ホムスタ    【60】
鹿島アントラーズ - 水戸ホーリーホック  @カシマ     【61】
ヴァンフォーレ甲府 - 徳島ヴォルティス  @小瀬      【62】
柏レイソル - Honda FC          @柏       【63】
名古屋グランパスエイト - ザスパ草津    @瑞穂陸     【64】

posted by Soh at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月10日

ホムスタを満員に

ヴィッセル神戸が、「2007シーズンチケットホルダー」を対象に、11月10日(土)、ホームズスタジアム神戸でのvs.ヴァンフォーレ甲府招待券(チケット引換券)をシーズンチケットご購入1席につき各2枚贈呈することになりました。

実は私はシーチケを3枚持ってまして・・・。招待券が6枚手に入ることになります。ぜひとも友人を(強引にでも)誘って、サッカーをスタジアムで見る楽しさを味わってもらいたいと考えています。

あれだけ大声を出せて、喜びや悲しみを素直に表現できる場所はほかにありません。絶対にとりこになるはずです。チケットを欲しい方は、コメントお願いします。(半分本気で考えてます)

今回のヴィッセルの取り組みには大賛同。これにより、少しでもヴィッセルのファンやサポーターが増えてくれれば。



まずは、20日の横浜FC戦に勝利し、彼らに再びJ2行きの引導を渡しましょう。アツは出場することができませんが、試合は見に来るのでしょうか・・・。ちょっと複雑な気分です。
posted by Soh at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。