2007年10月09日

ジェイムソンでアイリッシュコーヒー

最近アルコールの量が増えてきました。それに比例して体重も増加傾向・・・。これではマズイということで、夕食時にはアルコールを取らないことに。(ただし、週末はのぞく・・・)

で、夕食後、PCに向かいながら、アイリッシュコーヒーを楽しんでいるわけです。これなら、それほど良くないコーヒーでも、インスタントでも、味を引き立てることができます。旅行に行く時は、美味しいコーヒーが飲めないので、小瓶にアイリッシュウイスキーを忍ばせていくこともあります。

アイリッシュコーヒーを作る時にお勧めなのが、このアイリッシュウイスキー、ジェイムソン。



値段もお手ごろだし、アイリッシュコーヒー初心者にも、お求め安い価格になっています。もちろん、コーヒーに入れずに、このままストレートやロックで飲んでもOKです。

さて、アイリッシュコーヒーの作り方を紹介しましょう。まず、自分が好きなコーヒーを入れます。豆の種類も濃さもお好みで。そして、そこにお好みの量のアイリッシュウイスキーを加えます。カップ1杯のコーヒーに大さじ2杯程度が適量でしょうか。こちらもお好みで調整してください。

これをスプンで混ぜればできあがり。これまたお好みで、ミルクや砂糖を加えてもいいでしょう。

こんな感じで、何もかもがお好みで量を調整します。決まった分量なんてないので、お好みで色々試してみてください。夕食後にアイリッシュコーヒーを飲んでいると、少しリッチな気分になれますよ。


posted by Soh at 21:27| Comment(1) | TrackBack(0) | コーヒー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月24日

黄金プリン

黄金プリンを食べたことがありますか?普段はあまりプリンなんて食べないのですが、これはおいしいと感じます。



すごく滑らかで、濃厚なプリンです。コーヒーのお供にこんなスイーツは如何でしょうか?一度ご賞味ください。
posted by Soh at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月04日

コーヒーを煎るには いるいる

自分でコーヒーを煎ってみたいexclamationという人は、ぜひ試してみてください。




家庭のガスコンロで、コーヒーの生豆が自分の好みに煎り上げられる焙煎器です。最大容量は50g。

生豆を”いるいる”に入れガス台にかけます。左右に振りながら、強火で加熱し2分位すると色がつき、3分位でパチパチと皮がはじけはじめます。ここでガス台から離して、予熱で好みの煎り具合にしてください。いい色になる直前に、いるいるから取り出してください。まだ、豆自体は熱を持っているので、焙煎が進みます。少し早めに取り出すのがポイントです。

自分で焙煎したコーヒーは格別です。香りが全く違います。ぜひ一度お試しください喫茶店

blog.gif
posted by Soh at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月03日

コーヒー豆 ドミニカ

なんだか世界陸上の影響で、すっかりスポーツブログになってしまいました。まぁ、それでもいいんですけど。

今回は、初めてコーヒーに関しての記事を。

私はコーヒーが大好きです。毎日1リットル以上飲んでます。もはや、コーヒーなしで仕事するなんて考えられません。

おいしい豆と言えば、ブルーマウンテンって答える人が多いと思いますが、同じくカリブ海沿岸のドミニカもかなりお勧めです。同じ系列の豆を使っているにもかかわらず、ブランド力のなさからかなりお買い得。一度試してみてください。



先日訪れた、コーヒー豆屋さんで、ドミニカの生豆を特別に分けてもらいました。近々焙煎して味わいたいと思います。(コーヒー ジャンキーの私は、生豆を自分で焙煎します。)また、感想をレポートします。

blog.gif
posted by Soh at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。