2007年08月27日

室伏広治はメダルならず 6位に終わる 世界陸上

室伏広治もメダルを逃した。確かにあのレベルまで行けば、紙一重であるが、今大会はことごとく期待を裏切られている・・・。日本開催という、プレッシャーからか!?

murobushi.jpg

残る期待は女子マラソンぐらいだろうか?純粋に陸上競技を楽しむことに徹しよう。


posted by Soh at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | その他スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

池田久美子、決勝進出ならず…走り幅跳び

イケクミ、お前もか・・・もうやだ〜(悲しい顔)

ikekumi.jpg

彼女は何とか笑顔を作って観客に手を振った。メダルと7メートルを狙って今大会に挑んだが、予選で力を出し切れず敗退。

好調でこの日を迎え、助走距離を普段より80センチほど伸ばした。それでもなお、足が合わない。まだ短すぎた。磨いてきたスピードは、彼女の予想以上になっていた。そのまま修正することができず。

為末とはまた別の敗因。北京に繋がるものと考えよう。 
posted by Soh at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | その他スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月26日

為末まさか予選落ち!0秒01届かず…

信じられないバッド(下向き矢印)。今大会一番注目していた為末が、まさかの1次予選敗退。日本人に陸上の魅力を伝えるのに絶好の機会と、自ら1000万円を投資したストリート陸上などで、宣伝活動も行ってきた。最後は流しているのだと思っていた・・・。しかし、ゴール後のこの様子を見ると何かが違ったのであろう。

tamesue.jpg

決勝で見たかった。もう一度メダルを取って欲しかった。あと1年で建て直し、日本のサムライは、北京で最後のメダルに挑むパンチ
posted by Soh at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | その他スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月25日

男子メドレーリレーで日本新=世界競泳

世界競泳2007の男子400メートルメドレーリレーで、日本(森田智己、北島康介、高安亮、佐藤久佳)が3分33秒35の日本新記録で、金メダルを獲得exclamation

メドレーリレー.jpg

北島の他、個人選手にも注目は集まったが、私はリレーでの優勝が一番嬉しい。とくにメドレーだと、4種目を総合して一番早い国を決めるレースという見かたをしている。

水泳は基本的に個人競技だが、その中の数少ない団体競技。一人でガッツポーズするのもいいが、こうやってみんなでガッツポーズすると、もっとカッコいい手(グー)
posted by Soh at 06:46| Comment(0) | TrackBack(0) | その他スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。