2007年10月15日

亀田大毅は1年のライセンス停止

世界ボクシング評議会(WBC)フライ級タイトルマッチで挑戦者の亀田大毅がチャンピオン、内藤大助選手に反則を繰り返した問題で、日本ボクシングコミッション(JBC)は、所属する協栄ジムの金平桂一郎会長に3カ月のクラブオーナーライセンスの停止、亀田史郎氏にセコンドライセンス無期停止、亀田大毅選手にはボクサーライセンスの1年間停止との処分を決めました。またセコンドについた兄・興毅選手にも厳重戒告処分が下されました。

11日の試合では大毅選手は内藤選手に頭突きなどの反則を繰り返したうえ、最終12回には抱え上げて投げ飛ばすなどして計3点を減点されました。あれは既にボクシングではありませんでした。また内藤大助によると、亀田大毅はグローブの親指部分で目を突く「サミング」や太ももを打つ反則「ローブロー」などを繰り返していということです。

また肉親がセコンドに就くことを禁じるWBCの規定に反し、亀田陣営は大毅選手の父、亀田史郎氏と長兄の興毅がセコンド入りしたうえ、試合開始前のレフェリーチェックの際に史郎氏が内藤大助を威嚇する言動を行うなどしていた。

亀田家のこれらの取り組みは、パフォーマンス的なところもあるのだろうと見ていましたが、その粋を超えていました。かれは、ボクシングの世界戦を侮辱し、滑稽なものに替えてしまったのです。彼らがボクシング界に与えたマイナスイメージは大きく、一番影響を受けることになるのは、亀田家本人達になるのではないでしょうか。

聞くところによると、今回のファイトマネーは、チャンピオンの内藤大助が1000万円に対し、亀田大毅が8000万円。強さからでは考えられない差が生じていました。今後、これだけ膨大なファイトマネーを手にすることは困難でしょう。こんなバカなことをやっていなければ、正々堂々と戦って負けていたならば、違ったでしょうが。



ラベル:亀田大毅
posted by Soh at 21:33| Comment(2) | TrackBack(0) | その他スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月12日

亀田大毅が前代未聞の反則劇

亀田大毅が前代未聞の反則劇の末に初黒星を喫しました。WBC世界フライ級王者・内藤大助への世界初挑戦で、敗色濃厚の終盤に相手を抱えて投げるなどのレスリング行為を連発。最終回は減点3を受けるなど、大差で判定負けしました。

kameda.jpg

日本人選手との初対戦で経験不足を露呈するとともに、数々の日本人名王者を生んできたフライ級の世界戦史上に汚点を残しました。「俺が目指しているのは世界や!」と、海外の選手しか戦わなかったことにたいしても、弱い選手としか戦っていないという声が大きくなりそうです。

あれはボクシングではありません。点数で大差をつけられてKO以外、逆転がなかった最終12回。大毅は序盤から高く上げた両ガードを解き、打ち合いに出ましたが、パンチは全く当たりません。いら立ち、内藤にタックルを見舞って押し倒すと、右のパンチを王者の頭部に見舞った。

これにより、減点1が科せられるとキレてしまったのでしょうか、今度は内藤の左脇に頭を入れ、レスリングのように持ち上げて投げました。レフェリーは「故意」と判断して減点2を追加。某記事によると試合中に内藤を12回も押し倒したということです。1回に減点3なんてこれまでにあったのでしょうか?世界戦は彼により完全に汚されてしまいました。


「負けたら切腹」なんて大口をたたいていましたが、まったく試合をさせてもらえず、完全な力負け・実力不足。亀田家2本目の世界ベルトの夢は、もろくも砕け散りました。協栄ジムの金平会長は「内藤と12回戦える18歳は日本中を探してもいない」とかばっていましたが、彼が世界に通用するようになるためには、まずひたむきな精神を手に入れることから始めるべきではないでしょうか?今後の去就は不明ですが・・・。
posted by Soh at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | その他スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月05日

プライド事務所の突然の閉鎖

PRIDEを運営してきたPRIDE FCワールドワイド日本事務所が突然閉鎖しました。

私はそれほど熱心に見ているわけではないのですが、相撲を含め格闘技のファンの居場所がなくなり、陳腐化していくのは望ましくありません。(相撲を格闘技に入れても良いかどうかわかりませんが、角界からK-1へ移った人もいますしね。)

pride.jpg

また、これによって日本でのメジャー総合格闘技イベントはHERO’Sの独占状態となりそうですが、格闘技界全体にとっては大きなマイナスになるのではないでしょうか?時津風親方も解雇されましたし、膿を全て出し切って、今後を期待できるような状態に持っていって欲しいです。

また、PRIDEの主要選手だった五味隆典、吉田秀彦らがどうするのか、今後に注目です。
posted by Soh at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | その他スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月02日

時津風親方に解雇を含めた厳罰

日本相撲協会は、時津風親方(元小結双津竜)に解雇を含めた厳罰を下す方針を固めたそうですが、それは当然のことです。尊い人の命を、リンチという極めて卑劣な手段で奪っているのですから。

tokitsukaze.jpg

「ビール瓶」と「金属バット」による殴打は認めたが、「けいこ中の事故」との見解を崩さず、けいこの行き過ぎや暴行についての反省の弁もないという、記事を見ました。愛情を持って、金属バットで殴りますか?未だに反省の色が見えない時津風親方を情けなく、可愛そうに思うとともに、こんな人が親方になれる角界に対しての不信感もつのるばかりです。

これが、時津風部屋だけの事象であって欲しいが、相撲界全体が同じような雰囲気であると想像してしまいます。日本の国技に対して、このような感情を抱いてしまうことが、残念でなりません。
ラベル:解雇 時津風
posted by Soh at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | その他スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月02日

土佐が銅メダル 世界陸上の女子マラソン

土佐礼子が2時間30分55秒の日本選手最上位で銅メダルを獲得、来年の北京五輪代表の座を手にしました。土佐は今大会の日本選手で唯一のメダリストです。

tosa.jpg

やってくれましたexclamation×2 土佐は39キロ手前で先頭集団の5人から遅れをとりました。給水点でスピードアップし、追いすがるも、またじわじわと差を広げられました。この時点で、諦めずに追っていくことは普通の選手にはできません。あとはずるずる・・・、と思いかけた瞬間、ケニアの選手が送れ、それを拾うことができました。この時点で前にいる選手は4人。

必死に追いかけるも、差が縮まりません。40キロ手前で、トップの選手がスパートをかけました。中国の選手がこれについていけず、見る見る離されて行きます。彼女のきつかったのでしょう。若干ペースが落ちました。まだ諦めずに追いかけていた土佐が捕らえます。

そのままゴールイン。悔しい思いばかりしてきた今大会でしたが、最後に土佐が感動を与えてくれましたぴかぴか(新しい)ほんと、彼女の精神力には脱帽です。北京オリンピックも頼むぞパンチ


blog.gif
posted by Soh at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | その他スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。