2007年10月08日

中田英寿が引退後テレビ初出演

元サッカー日本代表MFの中田英寿が、フジテレビの報道番組『新報道プレミアA』に出演しました。昨年6月のドイツW杯限りで現役を引退して以来、初めてテレビに生出演したようです。現役の頃とは違う温和な表情を見せてくれました。

現役復帰の可能性について質問されると、「やっぱりたまにサッカーを見ると、あそこでやってみたいなとか思うことはないとはいえない。100%ないとは言い切れない。もしかして40歳になってから戻るかも」。リップサービスも含まれているのかもしれませんが、ぜひあの有志をもう一度見てみたいものです。

監督をしてみたいかという問いに対しては、「向いていない」という返答が。確かに最後のw杯でも、チームの中で浮いていたとか、無視されていたとか、様々なことを言われていました。彼は理想が高く妥協を許さない。面白くない選手もいたことでしょうが、強力なリーダーシップは、大舞台でもろさの目立つ日本に必要な部分ではないかと。

いきなり代表監督は難しいでしょうから、まずはヴィッセル神戸の監督なんて如何でしょうか?ファンはみんな彼の復帰を待っています。


ラベル:中田英寿
posted by Soh at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月30日

1−0 vs.清水

1カ月半ぶりに真のホームのホムスタに戻ってきました。4位の清水相手に難しくなるだろうと予想をしていましたが。大久保のゴールで先制し、その後も堅守でなんとか清水の猛攻を防いで、勝利しました。

vsshimizu.jpg

前半19分、右サイドから栗原からのニアへのクロスを、古賀誠史→レアンドロと浮かせ玉のワンタッチでつなぎ、最後はそこに走りこんだ大久保が、GKをよく見て落ち着いてゴールを決めました。あのタイミングで、ここに走りこめる大久保の嗅覚は本当に素晴らしいです。このゴールは神戸の通算399ゴールとなりました。

しかしその後は、清水の猛攻が始まります。この試合のマン・オブ・ザ・マッチは、大久保ではなく、徳重健太でした。国見高校時代には数々のタイトルを手にしてきた彼でしたが、神戸ではずっと2番手。それでもひたむきに準備を続けてきた彼は、正ゴールキーパー榎本の2試合出場停止で日の目を見ることに。この日は、神掛かったスーパーセーブの連続で、清水にゴールを割らせませんでした。試合終了後のトクシゲコールと、サポーターからの「おめでとう」「やったなぁー」「ありがとう」という言葉に、目頭が熱くなりました。
posted by Soh at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月27日

三浦淳トップ下で6カ月ぶり先発へ

横浜FCの三浦淳宏が、トップ下として移籍後初先発する可能性が高くなった。29日の磐田戦に向けた紅白戦を行い、主力組のトップ下で60分間プレー。ジュリオレアル監督は「FWが信じて走れば、そこにパスを出せる」と期待を寄せた。先発すれば神戸時代の3月11日(対川崎F)以来6カ月ぶり。「出たら死ぬ気でやります」と言い切った。
以上、スポニチより。

atsu.jpg

なんとも複雑な気分です。今まではあれだけ応援していて、あれだけ信頼していた、我がキャプテン。多くを語らずに出て行ってしまいましたが・・・。しっくりしないままの移籍でしたが、やっぱりアツには頑張って欲しい。生涯神戸を宣言して、ワールドカップの夢よりもチームを優先してくれたアツのことだから、余程の理由があったはず。彼の残留宣言が無ければ、多くの選手が移籍し、ヴィッセルは今年も間違いなくJ2にいたはず。それどころか、これからずっとJ2だったかも知れない。

やぱっり彼は特別な選手であり、ヴィッセルの一時代を担った選手。一番サポーターに愛された選手かもしれない。これからも、活躍して欲しい。そしていつか、神戸に戻ってきて欲しい。そのときは、喜んで迎え入れます。
posted by Soh at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月22日

ヴィッセル 名古屋に快勝!

長いトンネルでした。けれでも、今日はほんとに気持ちいい快勝です。前半開始早々にクリのシュートで先制。その後も押し続けた神戸は、オーバーラップした茂木がデフェンスの裏にパス。そこに抜け出た大久保が、ループシュートを決めて2点目。

vsnagoya.jpg

後半開始からは、名古屋が若干盛り返します。疲れの目立ってきたレアンドロに替えて近藤を入れると、その近藤のセンターリングを大久保が合わせて3点目。その後、大久保がお返しに、フリーの近藤にマイナスのパスを通すも、ボールは明後日の方向へ・・・。これは愛嬌でしょう。

続けて、ボッティのコーナーに北本が・・・。掲示板にはクニのゴールと出ていましたが、あれはやはりオウンゴールだったようですね。その後、大久保にハットトリックのチャンスが訪れるも、キーパーのナイスセーブに阻まれます。最後は、古賀のコーナーキックに、相手選手が見事にあわせてオウンゴール。結局5−0の大勝でした。

少し分けて点を取ってくれれば・・・という思いもありますが、次節の清水戦もこの調子で撃破してください!
posted by Soh at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月20日

榎本が2試合出場停止 退場後備品ける

Jリーグは19日、第25節の千葉戦(15日)で退場処分を受けた後に備品をけって破損させたJ1神戸のGK榎本に2試合の出場停止処分を科すと発表した。22日の名古屋戦、29日の清水戦が対象となる。

 Jリーグ規律委員会は(1)相手の決定的な得点機会を阻止したことが1試合(2)控室へ戻る際に案内表示の備品をけって破損させたことなどが1試合-の出場停止処分に相当すると判断した。

enotatu.jpg

これは、いくらなんでもひどすぎる。j's goalにもこのように記されています。「記者席からは羽生が石櫃との競り合いで倒れたように見えたが、PKの判定後に神戸のGK榎本達也が退場処分。」これは、切れますよ。マイクを蹴り飛ばすのもわかります。それなのに、2試合の停止ですか?榎本が2試合停止なら、主審の柏○は、6試合の出場停止でしょう?

5連敗中のヴィッセルには大きな試練です。次節はボッテイが帰ってきますが・・・。キーパーは徳重。サブには紀氏が入るのでしょうか?荻はやっぱり必要だったかも・・・。

もう、降格争いはこりごりです。次こそ勝利を。トモニイコウ。

9/22はユニバーへ⇒
posted by Soh at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。