2008年08月12日

調子が上向いてきた?

ビッセルは、徐々に調子が上向いてきたようですね。
後半戦3連勝も嘘ではなかったのか!?

現在は9位。目標の5位には勝ち点3差です。
次節、名古屋グランパス戦に勝利して、いい位置につけておきましょう!


posted by Soh at 08:50| Comment(26) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月15日

駒野と家長が欲しい

シーズンも終わり、各チーム来期への補強を行う時期となりました。ヴィッセル神戸は、いち早く金南一(キム ナミル)を獲得。ボッティーの相棒のボランチという一番の補強ポイントは、韓国代表キャプテンという、完璧に近い補強ができたのではないでしょうか。

次なる選手は、やっぱり駒野と家長が欲しい。次の補強ポイントはサイドバック。左右のサイドバックができる日本代表の駒野ならこの上ない。広島はJ2に落ちることが決定。W杯予選で忙しくなることしは、日程を考えるとJ2は厳しい。ここは、最初にオファーを出した神戸へぜひともきてくれ!

komano_yuichi.jpg

古賀が残ってくれるものと信じてはいるが、手薄な左サイドをこなせるオリンピック代表の家長もぜひ欲しい存在。ガンバとは契約が1年残っているが、本人は出場機会を求めて移籍を直訴している。これだけの選手。十分に機会を与えてあげなければ、日本サッカー界にもマイナスになる。

ienaga.jpg

それ以外にも大分の松橋と三木。三木は滝川第二だし、センターバックが手薄なので必要。松橋は、大久保とレアンドロに割ってはいる力はない。祐介や岳登がそれに続いているので。中盤での起用を考えているようであるが...。大久保と国見コンビとしての話題性?

他に報道のある、横浜Mの吉田。彼も滝川第二。リーグ最終戦を見ても、もう少しできると感じた。サブのユーティリティープレヤーとしてなら。

全部取ることは不可能だろうが、駒野と家長はぜひ欲しい。そして何よりも、現有戦力の保持をお願いします。近藤祐介、古賀は絶対に残留させること。今年一年積み上げてきたものを、持っている選手。彼らがいなければ、マイナスからのスタートともなりえる。

posted by Soh at 07:18| Comment(10) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月24日

茂木弘人の移籍後初ゴールでガンバ大阪の望みを絶つ

マグノアウベスがチームを離脱し、嫌な雰囲気が漂うガンバ大阪でしたが、残り2試合で2連勝すれば、優勝の可能性も残されており、高いモチベーションで試合に臨んできました。

今年1年の集大成として、ヴィッセル神戸のチーム力を測るには絶好の相手と舞台。万博には多くの神戸サポーターが集まりました。

mogi.jpg

怪我の石櫃洋祐の代わりに、北本久仁衛が右サイドバックに入り、センターには前節好調だった、エメルソン・トーメと河本裕之のコンビ。

前半はゲームプラン通りに運べ、ある程度試合前の想定通りにゲームをコントロールできていたように感じました。しかし、点を取ることはできませんでした。榎本達也とバレーが交錯したこぼれ球が播戸の前に・・・。よりによって、播戸に決められました。

後半は朴康造に替えて酒井友之を投入。守備的な酒井を入れることにより、ボッティを前でプレーさせようとしますが、うまく機能しません。後半20分を過ぎて少しずつ神戸の流れになりつつあるものの、なかなか得点には繋がりませんでした。

田中英雄に替えて、近藤祐介を入れ、更に攻撃的にします。それでも押し切れず、いよいよ岳登を投入か!と思いきや、交代のカードは坪内秀介。「なんで、坪内秀介やねん」なんて思っていると・・・、理解できました。彼を左サイドバックに入れて、茂木弘人をFWの位置に上げました。今年はサイドバックとしてレギュラーポジションを獲得している、茂木ですが、本来はFW。ガスの後の11番を引き継いだ選手です。

後半ロスタイムに入り、ここまでかと思われた頃、ガンバ大阪のバレーが時間稼ぎのために、倒れたまま起き上がりません。既に3分あったロスタイムも終了し、ラストワンプレーが神戸のフリーキックで始まります。ハーフラインの手前でしたが、全員があがり、榎本がキッカーを勤めました。

榎本のロングフィードをエメルソン・トーメがシジクレイに競り勝ち、ゴール前に流します。それが大久保の目の前に。トラップして反転シュートと誰もが思った瞬間、前線に張り付いていた茂木弘人が目に入り、トラップを茂木の前に落とします。シュートブロックに入った、ガンバの選手を切り返しでかわし、左足で放ったシュートが、ガンバの望みを断ち切る、同点ゴールとなりました。

茂木弘人は移籍後初ゴール。すこし時間がかかりましたが、このゴールで、これからより積極的に攻撃参加をして欲しいものです。

次節はホームで横浜FMを迎え撃ちます。勝てば、目標の9位以内が決まります。今期最終戦はホムスタをクリムゾンレッドに染めて、天皇杯-来期への良い形でつなげていって欲しいと思います。トモニイコウ。

れなかったということです。
我々はノープレッシャーであるのに、前半固かったガンバにお付き合いするかのようになってしまいました。
実際にピッチで手合わせしている選手だけが感じる力量の差みたいなものを感じてしまったのかもしれません。
しかし、今後これは克服していかなければいけません。
posted by Soh at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月21日

反町ジャパン 五輪切符獲得

北京五輪出場をかけた男子サッカーの22歳以下(U22)アジア最終予選の最終第6戦、日本代表対サウジアラビアの試合が行われました。C組首位だった日本は2位のサウジアラビアと0−0で引き分け、4大会連続の五輪出場を決めました。

lee.jpg

試合は立ち上がり、守備ラインを時にはセンターライン付近にまで、高く敷いてきたサウジアラビアが中盤で奪ったボールをサイドにつなぎ、何度か好機を作りました。

9分には、GK西川が防いだシュートのこぼれ球をゴール前で詰められたましたが、戻ったMF青山敏が体を張ってクリア。

日本も左右のサイドからクロスを供給し続けますが、42分に李のヘディング意外には、決定機を作ることができませんでした。

後半早々からめまぐるしく攻守が入れ替わり、一進一退の攻防が続きます。5分に岡崎、10分には青山敏がシュートを放ちますが、A代表にも招集されていた、サウジGKの好セーブにはばまれます。

さらに22分、33分と岡崎がゴール前での決定的なシュートも枠を捉えることができません。終盤は守勢にまわる時間帯が続きますが、前線からの守備が利き、サウジは攻撃に時間がかかりました。

このままロスタイムの2分を消化し、タイムアップ。マン オブ ザ マッチは、最後まで所狭しと走り回った柏木でした。年齢層は一つ下ですが、もはやチームに欠かせない存在となりました。

ただ、あの髪が受け入れられないのは私だけでしょうか?銀髪にする前はカッコよかったと思うのですが、今はなんだか頭が悪そう・・・。

なにはともあれ、苦しみながらも念願のオリンピックが決定しました。苦労した分だけ、チームが強くなっていることを期待します。
posted by Soh at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月14日

浦和レッズ アジア王者に

AFCチャンピオンズリーグ決勝第2戦、真っ赤に染まった埼玉スタジアムが揺れました。前半22分、ポンテのパスを相手DFが処理を誤り空振り、そこに走り込んだ永井が右足で豪快にシュート。ためらうことなく振りぬかれたボールは、GKの手をはじきゴールへ。

alc.jpg

後半は、オーバーラップした闘莉王のクロスをワシントンがはたき、そこに走りこんだ永井がシュート。そのこぼれ球を、右サイドに入っていた阿部勇樹がヘディングで押し込んで2点目。

そこからは前がかりになった相手に傍線一方でしたが、90分を耐え抜き、見事アジア王者の座をつかみました。

「チームを引っ張っていってほしい」と、ミスターレッズ・ゲットゴール福田正博から受け継いだ背番号「9」が、頼もしく見えました。

私はもともとレッズファンだったのですが、ヴィッセルを真剣に応援するようになってからは・・・。特に最近は、お金に物を言わせて大物を補強する方針が、プロ野球の某球団とダブって見え、応援することができませんでした。

しかし、今日は日本代表として、しっかり応援することができました。そこで、見事な勝利。まさに満身創痍の闘いでしたが、王者にふさわしい戦いぶりだったと思います。

ありがとうレッズ、おめでとうレッズサポ。
ラベル:浦和レッズ
posted by Soh at 22:32| Comment(1) | TrackBack(1) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。