2007年11月24日

茂木弘人の移籍後初ゴールでガンバ大阪の望みを絶つ

マグノアウベスがチームを離脱し、嫌な雰囲気が漂うガンバ大阪でしたが、残り2試合で2連勝すれば、優勝の可能性も残されており、高いモチベーションで試合に臨んできました。

今年1年の集大成として、ヴィッセル神戸のチーム力を測るには絶好の相手と舞台。万博には多くの神戸サポーターが集まりました。

mogi.jpg

怪我の石櫃洋祐の代わりに、北本久仁衛が右サイドバックに入り、センターには前節好調だった、エメルソン・トーメと河本裕之のコンビ。

前半はゲームプラン通りに運べ、ある程度試合前の想定通りにゲームをコントロールできていたように感じました。しかし、点を取ることはできませんでした。榎本達也とバレーが交錯したこぼれ球が播戸の前に・・・。よりによって、播戸に決められました。

後半は朴康造に替えて酒井友之を投入。守備的な酒井を入れることにより、ボッティを前でプレーさせようとしますが、うまく機能しません。後半20分を過ぎて少しずつ神戸の流れになりつつあるものの、なかなか得点には繋がりませんでした。

田中英雄に替えて、近藤祐介を入れ、更に攻撃的にします。それでも押し切れず、いよいよ岳登を投入か!と思いきや、交代のカードは坪内秀介。「なんで、坪内秀介やねん」なんて思っていると・・・、理解できました。彼を左サイドバックに入れて、茂木弘人をFWの位置に上げました。今年はサイドバックとしてレギュラーポジションを獲得している、茂木ですが、本来はFW。ガスの後の11番を引き継いだ選手です。

後半ロスタイムに入り、ここまでかと思われた頃、ガンバ大阪のバレーが時間稼ぎのために、倒れたまま起き上がりません。既に3分あったロスタイムも終了し、ラストワンプレーが神戸のフリーキックで始まります。ハーフラインの手前でしたが、全員があがり、榎本がキッカーを勤めました。

榎本のロングフィードをエメルソン・トーメがシジクレイに競り勝ち、ゴール前に流します。それが大久保の目の前に。トラップして反転シュートと誰もが思った瞬間、前線に張り付いていた茂木弘人が目に入り、トラップを茂木の前に落とします。シュートブロックに入った、ガンバの選手を切り返しでかわし、左足で放ったシュートが、ガンバの望みを断ち切る、同点ゴールとなりました。

茂木弘人は移籍後初ゴール。すこし時間がかかりましたが、このゴールで、これからより積極的に攻撃参加をして欲しいものです。

次節はホームで横浜FMを迎え撃ちます。勝てば、目標の9位以内が決まります。今期最終戦はホムスタをクリムゾンレッドに染めて、天皇杯-来期への良い形でつなげていって欲しいと思います。トモニイコウ。

れなかったということです。
我々はノープレッシャーであるのに、前半固かったガンバにお付き合いするかのようになってしまいました。
実際にピッチで手合わせしている選手だけが感じる力量の差みたいなものを感じてしまったのかもしれません。
しかし、今後これは克服していかなければいけません。


posted by Soh at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。