2007年11月21日

反町ジャパン 五輪切符獲得

北京五輪出場をかけた男子サッカーの22歳以下(U22)アジア最終予選の最終第6戦、日本代表対サウジアラビアの試合が行われました。C組首位だった日本は2位のサウジアラビアと0−0で引き分け、4大会連続の五輪出場を決めました。

lee.jpg

試合は立ち上がり、守備ラインを時にはセンターライン付近にまで、高く敷いてきたサウジアラビアが中盤で奪ったボールをサイドにつなぎ、何度か好機を作りました。

9分には、GK西川が防いだシュートのこぼれ球をゴール前で詰められたましたが、戻ったMF青山敏が体を張ってクリア。

日本も左右のサイドからクロスを供給し続けますが、42分に李のヘディング意外には、決定機を作ることができませんでした。

後半早々からめまぐるしく攻守が入れ替わり、一進一退の攻防が続きます。5分に岡崎、10分には青山敏がシュートを放ちますが、A代表にも招集されていた、サウジGKの好セーブにはばまれます。

さらに22分、33分と岡崎がゴール前での決定的なシュートも枠を捉えることができません。終盤は守勢にまわる時間帯が続きますが、前線からの守備が利き、サウジは攻撃に時間がかかりました。

このままロスタイムの2分を消化し、タイムアップ。マン オブ ザ マッチは、最後まで所狭しと走り回った柏木でした。年齢層は一つ下ですが、もはやチームに欠かせない存在となりました。

ただ、あの髪が受け入れられないのは私だけでしょうか?銀髪にする前はカッコよかったと思うのですが、今はなんだか頭が悪そう・・・。

なにはともあれ、苦しみながらも念願のオリンピックが決定しました。苦労した分だけ、チームが強くなっていることを期待します。


posted by Soh at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。