2007年11月11日

J1残留決定 ヴィッセル神戸

J1第311節 ヴィッセル神戸vs.甲府は、ホームのヴィッセル神戸が今季初の3連勝で、勝ち点を44に伸ばし、J1残留が決定しました。

.

ヴィッセル神戸は7分、古賀のプレスで相手のボールを奪うと、前線に走りこんだレアンドロに絶妙のクロス。これをレアンドロが押し込んで先制。しかし、その後は前掛かりの甲府に押されぎみで進みます。

25分には、秋本倫孝のゴールで同点に追いつかれて、そのまま少し嫌な雰囲気をのこしたまま前半終了。

ここで松田監督は、酒井に替えて運動量のある田中英雄をピッチに送り込みます。後半開始から押し気味に試合を進めたヴィッセル神戸は、後半3分に、古賀のゴールであさりと勝ち越し。16分には茂木のクロスを栗原が技ありのゴール。押せ押せの雰囲気の中、前節3−1から逆転を許した嫌な思い出が横切ります。

しかしその7分後、相手のオウンゴールで4点目を取り、試合を決めました。場内アナウンスでは、大久保嘉人のゴールだったので、盛り上がったのですが、リプレイが流れるたびに微妙だなぁ〜と感じていました。案の定、試合後にオウンゴールに変わっていました。

しかし気になったのは、イエローカードの多さ。ラフプレーの多かった甲府には1枚も出ていないのに、ヴィッセル神戸はなんと6枚。河本は試合終了後にも1枚もらって、イエロー2枚で退場。次節は、河本、北本というセンターバック二人を失っての戦いとなります。

とはいえ、格下の広島相手です。アウェーといえども負けるわけには行きません。1桁順位を死守しましょう。


posted by Soh at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。