2007年11月04日

ヴィッセル神戸 天皇杯 福岡に2-0

因縁の対決が再び。しかし今のヴィッセル神戸が負ける気はしませんでした。精神的なゆとりをもって試合開始。

fukuoka.jpg

ところが、相手がスタートからパワープレーで奇襲をかけてきたことで、前半はかなり手惑いました。福岡DFの長野は、最初は後ろに並んでいたのですが、セットプレーで前に出て、そのまま前線に残りました。確かにかなり押し込まれたように感じた(ハーフタイムで選手が退場する時はブーイングでした)のですが、あまりピンチだとは感じませんでした。やはり、普段DFの選手なので、どうも攻め手を欠いていたようです。

デビ純(アナウンスでは、デビッドソン ジョン マーカスって呼ばれてましたね。)に代えて、朴康造が入ったころから徐々に流れが変わり始め、後半は開始早々から、ヴィッセルの時間帯になりました。

その中で、大久保と朴康造のゴールで2-0、勝負ありでした。朴は最近出番に恵まれていませんでしたが、しっかり準備していた結果がでたのだと思います。やっぱりあの持久力とスピードを活かした、スペースへ飛び出す動きは魅力的です。

この流れで、国立へまで行こう!まずは来週の甲府戦で快勝を。
トモニイコウ


posted by Soh at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。