2007年10月21日

古賀が2発 ヴィッセル神戸、横浜FCに引導

ヴィッセル神戸は古賀誠司の2ゴールを含む3得点。昨季、J1昇格を争ったライバル、横浜FCに力の差をみせつけました。

yokohama.jpg

古賀は攻守に走りまくり、それが報いた形となりました。ヒーローインタビューは照れくさそうでしたが、控えめな彼らしい応対でした。MOMに選ばれて得た柏餅100個に対して「柏餅ってなんですか?」、柏餅の説明を受けたあとに、「それだけ食べると太りますね」は笑いました。

ヒデ(田中英雄)は、ミスが少なくなった分、運動量による貢献が目立つようになってきた気がします。茂木弘人はいいドリブルによる駆け上がりもあったのですが、最後のアイデアがちょっとふそくしていたでしょうか。河本裕之の空中戦は圧巻でした。レアンドロは、アシストランキングも上位に食い込んできたように、アシスト2をあげましたが、最近ゴールに嫌われているような・・・。キープ力は抜群なのですが。

朴康造も「さみしいし、複雑なものがある。」と言っていた様に、横浜FCは昨年昇格を争ったライバルという関係だけでなく、神戸に在籍していた、カズやヤブがいます。更にもう一人、在籍期間は長くありませんでしたが、一番思い入れの深かった選手、アツ・・・。彼らがどんな心境で試合終了を迎えたのか? また、その時のサポの気持ちは?などと考えていると、私もすごく寂しくなってきました。





posted by Soh at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。