2007年10月12日

亀田大毅が前代未聞の反則劇

亀田大毅が前代未聞の反則劇の末に初黒星を喫しました。WBC世界フライ級王者・内藤大助への世界初挑戦で、敗色濃厚の終盤に相手を抱えて投げるなどのレスリング行為を連発。最終回は減点3を受けるなど、大差で判定負けしました。

kameda.jpg

日本人選手との初対戦で経験不足を露呈するとともに、数々の日本人名王者を生んできたフライ級の世界戦史上に汚点を残しました。「俺が目指しているのは世界や!」と、海外の選手しか戦わなかったことにたいしても、弱い選手としか戦っていないという声が大きくなりそうです。

あれはボクシングではありません。点数で大差をつけられてKO以外、逆転がなかった最終12回。大毅は序盤から高く上げた両ガードを解き、打ち合いに出ましたが、パンチは全く当たりません。いら立ち、内藤にタックルを見舞って押し倒すと、右のパンチを王者の頭部に見舞った。

これにより、減点1が科せられるとキレてしまったのでしょうか、今度は内藤の左脇に頭を入れ、レスリングのように持ち上げて投げました。レフェリーは「故意」と判断して減点2を追加。某記事によると試合中に内藤を12回も押し倒したということです。1回に減点3なんてこれまでにあったのでしょうか?世界戦は彼により完全に汚されてしまいました。


「負けたら切腹」なんて大口をたたいていましたが、まったく試合をさせてもらえず、完全な力負け・実力不足。亀田家2本目の世界ベルトの夢は、もろくも砕け散りました。協栄ジムの金平会長は「内藤と12回戦える18歳は日本中を探してもいない」とかばっていましたが、彼が世界に通用するようになるためには、まずひたむきな精神を手に入れることから始めるべきではないでしょうか?今後の去就は不明ですが・・・。


posted by Soh at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | その他スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。