2007年09月27日

三浦淳トップ下で6カ月ぶり先発へ

横浜FCの三浦淳宏が、トップ下として移籍後初先発する可能性が高くなった。29日の磐田戦に向けた紅白戦を行い、主力組のトップ下で60分間プレー。ジュリオレアル監督は「FWが信じて走れば、そこにパスを出せる」と期待を寄せた。先発すれば神戸時代の3月11日(対川崎F)以来6カ月ぶり。「出たら死ぬ気でやります」と言い切った。
以上、スポニチより。

atsu.jpg

なんとも複雑な気分です。今まではあれだけ応援していて、あれだけ信頼していた、我がキャプテン。多くを語らずに出て行ってしまいましたが・・・。しっくりしないままの移籍でしたが、やっぱりアツには頑張って欲しい。生涯神戸を宣言して、ワールドカップの夢よりもチームを優先してくれたアツのことだから、余程の理由があったはず。彼の残留宣言が無ければ、多くの選手が移籍し、ヴィッセルは今年も間違いなくJ2にいたはず。それどころか、これからずっとJ2だったかも知れない。

やぱっり彼は特別な選手であり、ヴィッセルの一時代を担った選手。一番サポーターに愛された選手かもしれない。これからも、活躍して欲しい。そしていつか、神戸に戻ってきて欲しい。そのときは、喜んで迎え入れます。


posted by Soh at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。