2007年09月25日

ねじまき鳥クロニクル

ようやくこの本を紹介する機会がやってきました。このブログのタイトルの一部にもなっている、「ねじまき鳥クロニクル」です。

.

「僕」と出会った不思議な人達が語る歴史や戦争、暴力、心の傷の話が複雑に絡み合いながら、それらの力を受けて傷付き失踪してしまった妻を助けだそうとする物語です。


ねじまき鳥クロニクル」は、村上春樹氏の代表作の一つです。米国では、村上春樹の作品のなかで、「ねじまき鳥クロニクル」が最も評価が高いようです。最も感慨深い作品だと思います。第三部まである、長編作品であり、読むのが大変です。(私は労無く一気に読み終えましたが・・・)社会のいろんな問題にさまざまな角度から触れられていて、読み終わったときには不思議な感覚に陥ります。

こういった不思議間に加えて、充実感を得ることができるのが、村上春樹の作品です。一度読んでみては如何でしょうか?




posted by Soh at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。