2007年09月24日

財務・厚労・国交の再任有力

自民党の総裁に福田康夫が選ばれ、臨時国会での首相指名を受けることが確定しました。そこで注目されれるのが新内閣の閣僚です。前任が短期間であったことなどから、大幅入れ替えは避ける方向のようです。

fukuda.jpg

とにかく舛添要一厚生労働相を再任していただきたい。あれだけ正しいことをズバズバ言える人は他にいません。特に優れたことをしているわけではなく、国民の立場にたって、抵抗勢力に屈せずに、当たりまえのことをやっているだけなのですが・・・。今の国会議員にこれだけ誠意をもって取り組めている人が他にいるのだろうかと考えてしまいます。(こういうコメントを書きながら、ものすごく寂しい気がしてきました。)

また、総裁選で善戦した麻生太郎前幹事長の処遇にも注目しています。


posted by Soh at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の出来事から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。