2007年09月04日

コーヒーを煎るには いるいる

自分でコーヒーを煎ってみたいexclamationという人は、ぜひ試してみてください。




家庭のガスコンロで、コーヒーの生豆が自分の好みに煎り上げられる焙煎器です。最大容量は50g。

生豆を”いるいる”に入れガス台にかけます。左右に振りながら、強火で加熱し2分位すると色がつき、3分位でパチパチと皮がはじけはじめます。ここでガス台から離して、予熱で好みの煎り具合にしてください。いい色になる直前に、いるいるから取り出してください。まだ、豆自体は熱を持っているので、焙煎が進みます。少し早めに取り出すのがポイントです。

自分で焙煎したコーヒーは格別です。香りが全く違います。ぜひ一度お試しください喫茶店

blog.gif


posted by Soh at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。