2007年09月01日

男子四百リレー・日本5位 アジア記録を再更新

四百メートルリレーの男子決勝で、日本(塚原直貴、末続慎吾、高平慎士、朝原宣治)は念願のメダル獲得はならなかったものの、01年エドモントン大会以来の5位に入り、4大会連続で入賞。38秒03をマークし、前日の予選で記録した38秒21のアジア記録を一夜で更新しましたわーい(嬉しい顔)

4k-2.jpg

なんだか、初めての明るい話題のような気がします。メダルは無理だと予想していましたが、結構きわどいところまで追い上げていました。それにしても、朝原のスピードは素晴らしいです。代3走者の力の差が、上位3チームとの差かな。

決して、高平選手が不甲斐なかったのではなく、他のチームがすごすぎた。アメリカなんて、タイソン ゲイを持ってきたんですから爆弾

まぁ、何はともあれ、めでたしめでたし手(チョキ)

blog.gif


posted by Soh at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | その他スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。