2007年09月01日

50キロ競歩で異例の失態。誘導ミスで山崎「棄権」

今大会の日本選手は残念な結果が多い中で、山崎だけは奮闘していた。メダルは不可能だったが、入賞に向けて必死に耐えていた。前半からトップ集団に付き、間違いなく今後に繋がる、すばらしいパフォーマンスであった。

それが、最悪の結果に終わった。誘導ミスで周回を1周(2キロ)残したまま競技場内に入った。残された、わずかな力を振り絞ってゴール地点に向かう。事態に気づいた係員が後を追うが、途中で追いかけるのをやめてしまったようた。(何故?)そして、フィニッシュ。トラックに座り込む。そのまま倒れこむ。点滴を受けるため、用意された担架で医務室に運ばれていった。棄権扱いとなった。

yamazaki.jpg

悔しくて涙が流れた。あれだけ頑張ったのに、完歩すらできなかった。彼の努力は、この大会で報われることは無かった。

会組織委員会の桜井孝次・競技運営本部長らは「十分でなかった。反省したい」などと繰り返した。一方で、会見に出席した高橋勲・道路競技審判長は、審判員の経験を問われて、「がんばってやっている。たまたまミスが出た」と発言。慌てて桜井本部長が「表現が適切でなかった」と訂正する場面もあった。プロ野球で言えば、イニングを間違えるぐらいの失態。

当事者の山崎が、「歩型違反じゃないのにレースを続けられなかった。悔しいですね」と、淡々と「事件」を振り返っていたのが、せめてもの救いだった。彼は、この事件で被害者となった。だが、これを乗り越え、より大きくなるパンチ

blog.gif




posted by Soh at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | その他スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。