2007年08月24日

なぜ、飲酒運転ができるのか!?

幼児3人が死亡した飲酒運転事故から25日で1年を迎える福岡市で、市職員が23日夜に飲酒運転でバイク事故を起こしていたことが分かった。市では処分規定の厳罰化や職員教育の徹底などの取り組みをアピール、24日夕にも飲酒運転撲滅に向けたシンポジウムや市民大会を開催する予定だっただけにショックは大きい。緊急記者会見した吉田宏市長は席に着く前、机に手をつき「申し訳ありませんでした」と何度も謝罪した。

なぜ、あれだけ悲惨な事故を目の当たりにして、飲酒運転できるのかが理解できない。それも福岡市の職員が。

fukuoka.jpg

市長も謝罪会見をしているが、やりきれない気持ちで一杯であろう。これは人間としてのモラルの問題。彼は懲戒免職を免れないであろう。本人以外に怪我がなかったが、せめてもの救いか。

私は飲酒運転を絶対にしないし、飲酒運転をする人を軽蔑する。


posted by Soh at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の出来事から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。