2007年08月24日

世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド

このブログのタイトルで、ピンと来た人も多いと思いますが、私は村上春樹が大好きです。

このタイトルは、彼の著書である、「ねじまき鳥クロニクス」と「風の歌を聴け」を組み合わせたものです。どちらも大好きな作品ですが、私が一番好きな作品は、「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」です。


Hardboiled .jpg

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド


1985年出版で村上作品の中では初期のものです。最近の作品は文章表現がすごく巧みで、それと比べると、若干見劣り?してしまうかもしれませんが、それを差し引いてもやはり面白い!

ファンタジー(といっても、魔法使いが出てくるような話ではなく、村上春樹独特の非現実な世界)とハードボイルドが交互に書かれており、それが最後に融合する。買い込んだ缶ビールを浜辺で飲むシーンや、ビーチボーイズのサウンドにも感銘。私がもっとも好きな本です。

現在は、アメリカで購入した英語への翻訳版を読んでいます。アメリカの友人達も、「Haruki Murakami」は知ってました。(実は、少しアメリカで勤務した経験があります。)


【関連する記事】
posted by Soh at 09:47| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。